エクオールサプリが最近マスコミで取り上げられる理由

エクオールがきょうびマスコミやテレビ特にNHKスペシャルやらなんやらで取り上げられとる理由は、
40代さかい急激に減少しはる、おなごはんホルモン「エストロゲン」とおんなじさんな作用をしいやくれへん成分やさかいどす。

 

おなごはんん身体は40歳を過ぎた頃さかい卵巣機能がジョジョに衰えてきて、やがて閉経を迎えます。
こん閉経をははんや前後約10年が「更年期」と呼ばれています。
こん時期は卵巣さかい分泌しはるおなごはんホルモンんしとつでおすエストロゲンが急激に減ちびっと、
身体んなかなホルモンバランスが崩れます。ホルモンバランスが崩れへんと自律神経やらなんやらに影響を与え、
ほっこりフラッシュと言われへん「ほてり」「んぼせ」「冷え」やらなんやら、身体にさまざまな不調が現れます。
そん症状は、実にさん々で、100種類に及ぶモンといわれていて、約9割んおなごはんがなんらかん不快な症状を感じています。

 

ほんで、ぎょうさんんおなごはんが大豆イソフラボンをとって身体ん安定を図ろうとしはるんどすけど、
日本おなごはんん2分ん1が大豆を摂っても効果を感じまへん。

 

そん理由としいやは、大豆を食べた時に腸内で、代謝しはるおなごはんホルモンさんモンしち「エクオール」が
更年期障害に効果を示すんどすけど、日本人おなごはんん2人に1人が大豆効果を発揮しはるためん
腸内細菌を持っておりません。

 

市場ほな、イソフラボンを主成分とどしたサプリメントが更年期対策商品としいや売られているけど、
実は日本人ほな半分、欧お米人ほな3人に2人がイソフラボンさかいおなごはんホルモンさんモンしちエクオールを
産生しはるために必要な腸内細菌を持っておりません。

 

これらん方は、大豆食品を食べても、イソフラボンんサプリメントを摂取しいやもエクオールが体内に
ほとんど届かいなおいやしため、更年期対策が遅れてしまいがちどす。
しかも、近年日本人ん豆類摂取量は減ちびっとてきており、エクオールを産生出来はる方やて、
十分な恩恵をうけられへん状況が懸念されとるさかいどす。

 

やさかいこお、そんままん「エクオールを直接摂取しはることが重要なんえ。

 

より、安心で効果的な対策は、スーパーイソフラボン「エクオール」そんモンを摂取しはること。
こらさかいも、達者で素敵な毎日を目指しいやいくためかてエクオールサプリん力を借りまひょ。

ラクトビオン酸でエクオールの産生力をさらに強化

成熟女性の健康のために必要なのは、更年期症状の対策だけではありません。
そこでエクオール以外にラクトビオン酸を摂ることをオススメします。
難消化性オリゴ糖として整腸作用に加え、カルシウムの体内吸収を高める作用があり、
骨粗しょう症の予防効果が期待できます。また、エクオール産生促進による
女性ホルモン様作用の強化も確認されています。エクオールとラクトビオン酸を共に補うことで、
成熟女性の輝きをトータルにサポートできるのです。

 

更新履歴