第26会北米閉経学会にて吉形玲美医師が学会賞受賞

40第以上の女性に様々な不調をもたらす更年期障害。
その症状の改善効果で注目をあつめる成分「エクオール」に、新たにメタボリックをはじめとした
生活習慣病リスク低減の可能性を示す学術発表が行われました。

 

2015年9月30日から10月3日、ラスベガスで開催された「第26回北米閉経学会」において、
浜松町ハマサイトクリニック 院長 吉形玲美医師によるポスターセッションで発表された
この研究内容は同学会において学会賞を受賞しました。

エクオールと生活習慣病リスクとの関係が明らかに

健常女性743名における大規模調査であるこの研究で明らかになったことは、
50代において、エクオール賛成者は悲産生者と比較して体脂肪率や内蔵脂肪面積、
動脈硬化、中性脂肪などにおいて良好な結果が示されました。

 

50代における体脂肪の数値はエクオール産生者で25.7%、飛散し者で27.8%とその差は2%。
内蔵脂肪面積においても41.8平方センチメートルに対し54.0平方センチメートルと
エクオール産生者が約12平方センチメートル少ない結果でした。

 

BMIでは、エクオール産生者と非産生者に有意差がないことから、
「体格が同じように見えてもエクール非産生者に隠れ肥満が多い」という結果が明らかになりました。

 

また、エクオールの産生能と動脈効果、尿酸値との優位な関連も認められています。
60代においても、エクオール産生者でHDLコレステロールが良好、動脈効果や骨吸収抑制
に優位な関連が示されました。

 

こうしたことから、閉経期から閉経後早期のエストロゲン(女性ホルモン)が減少する世代において、
エクオールの産生能と生活習慣病リスクとの関連性が示唆される結果となりました。

 

これまでの研究で、エクオールが動脈効果の改善や骨密度減少の抑制へ作用するという
報告はなされてきましたが、今回の研究により、エクオールの存在が特に女性ホルモンの減少する世代への、
肥満をはじめとする生活習慣病リスクの改善、骨粗しょう症予防などに期待が高まっています。

 

700名を超えるデータを元にしたこの大規模な研究は、学会へも大きなインパクトを与え、
今後も追跡調査を行っていくようです。